浮立面のおいたち

面浮立の分布と起源


『面浮立(めんぶりゅう)』は、佐賀県を代表する民俗芸能として全国的にも有名ですが、分布は七浦地区を中心に鹿島

市、県内各地に広がっています。七浦地区に最も多く、離れるにしたがい少なくなります。各地区の面浮立の伝承による

と、やはり七浦の面浮立が各地に広がったのは間違いがないようです。

 この面浮立の起源には色々な説があります。たとえば大内氏や大友氏との合戦に由来するというもの、豊臣秀吉の朝鮮

の役に由来するというものなどがあります。なかでも約400年ほど前に神埼郡の田手縄手で行われた大内氏と龍造寺氏と

の戦いに由来するという説はよく言われるようです。この戦いは、中国地方から侵略してきた大内氏を、龍造寺氏が迎え

撃った戦いだったのですが、龍造寺氏は軍勢が少なく圧倒的に不利でした。負け戦を覚悟したその時、配下であった鍋島

平右衛門の一族郎党百騎余りが、シャグマを被り奇襲をかけ撃退しました。そのとき踊った戦勝踊りが元になっている

という説です。

 いかにも勇壮で、人々が好みそうな由来ですが、残念ながら記録には「シャグマをかぶって」とは書いてありますが、

「鬼面を着けて」とは書いてありません。また、芸能の中心地である七浦と、神埼のつながりがよく分かっていません。

さらに、七浦のいくつかの地区には「面浮立は諫早から伝わった」という伝承も残っています。おそらくは農耕が盛ん

になるに伴い、耕作に害をする悪霊を封じ込め、豊作を願う神事として面浮立ができたのではないでしょうか。

                          

面浮立の種類

 

一口に『面浮立』と言ってもいろいろな種類があります。現在の分類では3つに分けるのが普通です。最も古い形を

残しているといわれる『音成面浮立(おとなりめんぶりゅう)』の流れを第1類、鬼面芸としてとして完成された芸と

攻勢を持っている『母ヶ浦面浮立』の流れを第二類、そして諫早や長崎地方に分布している踊りとしての色合いが濃く

なった面浮立を第3類としています。その分類からみると、鹿島には音成系と母ヶ浦系の2種類の面浮立があるという

ことです。音成面浮立と母ヶ浦面浮立はそれぞれの代表的な面浮立として、いずれも佐賀県の重要文化財に指定されて

います。

 それでは、この2つの面浮立は具体的にはどのように違っているのでしょうか。一目でわかる違いは衣装が異なって

いるということです。音成の衣装は濃紺一色で帯と太鼓のひもが黄色でアクセントになっているのに対し、母ヶ浦は波

といかりの華やかな模様の衣装になっています。この他の面浮立も面や衣装、ひもが微妙に異なります。また面浮立に

は多くの曲目がありますが、音成の方に古い要素を残す曲目が多いのに比べ、母ヶ浦は後からいくつかの新しい曲目が

付け加えられ、より華やかになっています。

 鬼(かけうち)の所作としては、音成が腰を落とし体に添って手を上げ下ろしするなど、直線的な動きが多いのに

比べ、母ヶ浦は手の振りや所作がしなやかになり、演技自体も複雑で洗練されたものになっています。諫早など長崎

県に分布する第3類はこの傾向がより強まり、踊り的なものになります。

 現在、鹿島市には音成系より母ヶ浦系の面浮立が多く分布しています。